仙台の美容皮膚科にてシミ取りを考えよう

赤み

仙台の皮膚科でシミ取り治療を考える皮膚科のレーザー治療は、黒、茶、青などの色素を持っているシミを
目立たなくすることができるので、高い人気があります。

皮膚科でレーザー治療によるシミ取りの施術を受けた人が多いですが、
一週間ぐらい経過するとかさぶたが剥がれて、赤みのある新しい皮膚が出来ています。


シミ取りをして、赤みのある皮膚に漂白効果の高い軟膏を塗って、一週間から10日に一度皮膚科に通院をします。
皮膚科のシミ取りの施術を受けた後は、お肌がデリケートになっていますが、メイクや化粧落としなどは行うことができます。

状態

皮膚科に通院をする時は、化粧を落とした状態で通院をすることが大切です。
日焼けが気になる場合は、帽子を着用したり、日焼け止めを塗っておくようにして下さい。

また気になるのは治療中の化粧についてです。
やはり化粧をせずに、なるべく肌に刺激を与えないことが一番ですが実際にが仕事のそうは言ってられないことが多いです。

心がける


そんな時は帰宅してからのケアをきちんと心がけましょう。
まずはきちんと洗顔して汚れや脂質を取り除く事が大切です。
その後化粧水や乳液をたっぷりつけて、肌の状態を保持し潤いを保つといいです。